建設業許可の取得に特化したセンターです。会社設立から記帳代行、会社の運営に関することはなんでもお任せ下さい。

解体業

平成28年6月1日より、とび土木工事から独立して、解体工事業が新設されました。

これには災害の発生や、建築物の老朽化、環境保護の観点からも解体工事にも専門的知識と技術が求められるようになったからです。

既にとび土木工事の許可をお持ちの方には経過措置として平成31年(2019年)5月31日までは、とび土木工事の許可のみで解体工事がおこなえますが、新規参入をふくめて平成31年5月31日以降は、解体業の許可が無ければ工事(500万円以上)はおこなえません。

実務上、解体工事の専任技術者や管理技術者は必要になるのは致し方ないとしましても、2019年5月31日以降はこれまでおこなってきた業務ができなくなるので、とび土木工事の許可をお持ちで、2019年5月31日以降も営業を続けるには、解体工事業の許可を取得しなければなりません。

これは更新ではなく新規取得になりますので煩雑な手続きや書類作成をおこなわなければならず、経営者の方は頭を抱えておられる事と思います。

<大阪>建設業許可・法人設立センターでは、こういった新規取得をせざるを得ない、とび土木工事許可取得業者様へのサポートを行わせていただいております。

申請だけではなく、取得後も様々なサポートができるよう、有能な税理士法人や社会保険労務士事務所とも提携しております。

大阪府内でございましたら、無料にて出張相談を行わせていただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

to top button