建設業許可の取得に特化したセンターです。会社設立から記帳代行、会社の運営に関することはなんでもお任せ下さい。

建設業許可の新規取得

建設業許可取得のメリット

建設業許可を取得するには、膨大な手間と経費が掛かりますが、取得することにより下記の様なメリットがあります。

500万円以上の工事案件が受注可能に

金額制限(受注金額の上限)がなくなるためこれまで受注することが出来なかった規模の大きな工事案件などを受注することが可能になり、ビジネスの幅を飛躍的に拡大することが可能になります。

 

 

 

社会的信用・技術的な信用の向上

昨今の社会的情勢から取引先に建設業許可を取得する(している)ことが必須条件である場合もおおく、建設業許可を取得することで取引先の確保や新規業務を受注することが増え、ビジネスに大きなチャンスとなり得ます。また取得するには専任技術者も必要となるため、必然的に技術的な信用度も増すことになります。

また、大きな工事を受注するにはそれなりの資本も必要ですが、全てを自己資金というわけにも行かず銀行などの金融機関からの融資が必要になる事も多くなります。建設業許可を取得するには一定以上の財産要件が必要ですから融資可否の判断条件に好影響を及ぼす可能性が非常に高くなります。

公共工事入札が可能に

より大きな工事を受注する一つに公共工事があります。大きな公共工事には入札が行われますが、入札をするための指定業者に専任されるには、経営事項審査を受けなければなりませんがそれには建設業許可を取得している事が必須となります。その為公共工事に入札するためには、建設業許可取得が必須条件となります。

建設業許可取得は困難ですが・・・

建設業許可取得は膨大な手間が掛かり難易度が高く取得が困難とも言われています。申請するには許可の要件を満たす必要がありますが、それらを裏付ける証明書類も必要となります。

書類の作成だけでも膨大な量があり、かつ、証明書の裏付けまで必要となるために非常に煩雑な作業も伴います。企業や個人で申請しようとしたは良いが、1年経っても申請のための書類を整えることすら出来なかったり、手間暇費用かけても結局取得が出来ないというケースもあります。

このような煩雑で面倒な手続き(書類の作成・資料野取得など~申請)を代行しておこなっております。

建設申請許可を取得しようとお考えの方、取得を迫られている方、大阪府下であれば無料で出張相談させていただいておりますので、是非一度ご相談ください。

 

 

to top button